新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

狼と香辛料(3)

狼と香辛料〈3〉 狼と香辛料〈3〉
支倉 凍砂 (2006/10)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

順調に読み進め、早3巻目です。
このシリーズがどこまで出るのかはわからないのですが、何時までも読んでいたい。そんな気分にさせてくれるお話です。

教会都市リュビンハイゲンを出立した行商人ロレンスと狼神ホロ。行商がてらホロの故郷のヨイツの情報を集めるため、冬の大市と祭りで賑わう町クメルスンにやってきた。そこで二人は、若い魚商人アマーティと出会う。
どうやらアマーティはホロに一目惚れをしてしまったらしい。急速に彼女に近づき始めた。
一方ロレンスとホロの間には微妙な気持ちのすれ違いが生じ、誤解が誤解を呼んでしまう。そしてそれがロレンスとアマーティそれぞれの商売をも巻き込んだ大騒動へと発展していく・・・。


今回の作品は、面白かった。
単にこう書くと、「自分の気に入ったストーリーじゃないと良いと思わないのか」なんて言われちゃいそうですが、今回のは課程での歯がゆさ加減と、最終的な結果。その絶妙のバランスが、特に良かったです。

今回は、前2作と違いホロがあまり活躍しません。
ここはロレンスの男の見せ所として書いたのでしょうか。
でもやはりホロが一歩(それ以上?)上手で、ロレンスがなんだか頼りなく見えてしまう。でもお人好しですから、頼りないのに色々背負おうとするロレンス。口では文句言ってるホロですが、ホロはそういうロレンスが好きなんですよね。

今回の作品は読んでて本当に歯がゆかったです。
後一歩のところで手駒が足りない。そんな場面が特に多かった気がします。
ただ私的に、前2作はホロがいるから読んでたわけですが、今作でロレンスのこともかなり好きになりました。

毎度思ってたことなのですが、このシリーズは全てきっちりと起承転結の規則に守って書かれてますよね。
特に転の部分がとても上手いと感じます。
作品のスピード感と言いますか、テンポの良さはこういう基本に乗っ取った書き方を徹底してるからなんだろうなぁなどとも感じます。

このシリーズはもうちょっと読んで浸ってたいと思う今日この頃。。。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/9-6aee9e1f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。