FC2ブログ

新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

狼と香辛料(2)

狼と香辛料〈2〉 狼と香辛料〈2〉
支倉 凍砂 (2006/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


狼神ホロとの二人旅を続けることを決めた行商人ロレンス。
港町パッツィオでの銀貨騒動で儲けた上等な胡椒を武器に交換し、異教徒の地への玄関口、来たの教会都市リュビンハイゲンで大きな商売を仕掛けた。しかし思いもかけない謀略に嵌ってしまう。賢狼を自称するホロでも解決策はすぐに見つからず、時と運にも見放されたロレンスは、商人生命を絶たれてしまうほどの窮地に。
何とか秘策を思いついた二人は、リュビンハイゲンへ向かう途中で出会った羊飼いの少女にある任務を託すのだが・・・。
今作もなかなか、読み応えある内容で楽しめました。が、正直なところ一巻目のほうが好き。

この作品で私がまず好きなのは、ホロとロレンスのやりとりであってラブストーリーです。行商人と狼という組み合わせとかそう言うところが武器だと思っているので、私的には話の筋はそれを引き立ててくれれば十分と思ってました。
今作の一発逆転話は、それ自体は少しこじつけがましい所もあったけど、前作を上回る爽快感があって面白かった。
でもなんだろう。この「えっ」という物足りない感じは。
私的に感じたのは、この話自体は二人の関係を引き立てる話として描かれてる部分が少なかったです。
恋人が無事でいてくれるだけで、全てが報われる。もちろんそういう考えも良いですし、時と場合によっては最善と考えます。
しかし、ホロには内面では満足していても、もっと欲張って欲しかった。
そう。何が不満かと言うと、大量にとは言わないから。小さな瓶に入っただけの物でも良いから、桃の蜂蜜付けを一つ。それホロに与えるだけでもしてほしかった。
一発逆転で少しは金入ったんだから、それぐらいホロを労っても良いじゃないか!
まあ、既に二人の関係が損得を超えた関係になっているということを伝えるあえての選択だったのかもしれませんが、ロレンスはホロに対して2,3酷なことをしたのですから、その労いの気持ちを持ってほしかったです。

あんまりこんな事を書き続けると、客観的に見て妄想の世界にどっぷり漬かってる痛い子に見えるかも。
それでも結局の所。ホロとロレンスの恋バナが気になって仕方ないのですよ。私は。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/6-70af8bc7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。