新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

神様のメモ帳

神様のメモ帳 神様のメモ帳
杉井 光 (2007/01/06)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」
 路地裏に吹き溜まるニートたちを滑る≪ニート探偵≫アリスはそういった。
 高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市をむしばむ凶悪ドラッグ≪エンジェル・フィックス≫―――全ての謎は、部屋に引きこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。
「真実は君の平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいか?」
 僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!
 情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。



 私が文庫本を読むときと言うのは、たいていバスに揺られる登下校時なのですが、このようなミステリー要素のある作品は、集中して読まないと伏線とかを楽しめなかったりするんですよね。
もう一回読み直したい作品だったりします。


「神様のメモ帳」は、まずアリスがかわいいです。
最近ラノベ選びの基準がそういうところに行ってるような気がしてならないのですが・・・、まぁかわいいです。否定できません。

この作品は、ニートになっている人たちの性格や関係性などを色濃く描いている感じで、現場の情景を表すような言葉とかが少ない気がしてるのですが、なかなかどうしてかすんなりと入り込めたのは、世界観が現代社会に近いからなのでしょうか。
物書きになろうとは思いませんけど、勉強になりました。。。

ちょいネタバレですが、屋上の貯水タンク(?)に上ったアリスが降りれなくてずっと助けを待っていた事に対して怒れないけど怒っている様子がとてもかわいかったですw

これはちょっと続編も読んでみたいなぁ。
「電撃文庫」は肌に合う作品が多いなぁと感じる今日この頃です。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/33-03dd8e76

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。