FC2ブログ

新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

狼と香辛料

狼と香辛料 狼と香辛料
支倉 凍砂 (2006/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

これを記事にするのは遅すぎですね(汗) すでに初版から1年以上経ってます。でも、読んでいて面白いと思ったので感想書きます。

あらすじ(本書から引用)
行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。 「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何ものでもない」 老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。  そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが・・・。
 この作品は、中性ヨーロッパ的な世界観で、主人公も行商人。序盤は全体的にのんびりとした雰囲気が漂って、まったり読んでいたのですが、後半になり、銀貨の話が出てきてからどんどん展開がスピーディになってきてあっという間に読み終えてしまいました。
ホロの訛ったしゃべり方。カワェエw
もうこれは2006年度キャラクター女性部門1位取るはずです! 勿論、ただしゃべり方が可愛いだけなんてことは無いんです。訛りは内面の可愛さを引き立てるためのものといった感じで、可愛い感じで油断させといてガバッと心持って行かれるような・・・まさに狼って感じですねw
「まぁ・・・可愛いとは思うけどな」この台詞でロレンスがホロの動揺を誘いながら自分の気持ちをぶつけてみたとき、帰ってきた言葉は「嬉しい」 少し照れ気味でこんな事を言われたら、男なんてイチコロですよ!必殺仕事人ですね。

ちなみに2~4巻出てるようです。
まだ買ってませんが、近々読む予定です。
そしたらまた、その記事も書いてみたいと思ってます。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/3-9d525468

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。