FC2ブログ

新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

人類は衰退しました

やっと読めました。
久々のラノベ読歩ネタです。

人類は衰退しました 人類は衰退しました
田中 ロミオ (2007/05/24)
小学館

この商品の詳細を見る


わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な食、国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。
祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが・・・。



なかなか面白かったです。
自ら「人類」という位置づけを放棄して妖精を新人類とする・・・というかんじの設定なのですが、全体を通してほのぼのしていて、安心して読めるというか、読んでいてあったかい感じになります。
ストーリーとしてはほのぼのとしていながらも、小さな冒険があってかわいいです。

妖精さんは旧人類である、われわれの進化の歴史を進化ごっことして再現するので、このままただ人類になっていくだけか?歴史は繰り返すのか?などと思ってたら、結構最後のほうで「そうくるのか」というような展開がありました。
それはそれで面白かったのですが・・・。
ページのどこかに「つづく」という文字が無いか探してしまうような終わりかた。
第一巻としては結構中途半端で、このまま続くのならいいのですが、出なかったら詐欺ですね(苦笑)

2巻に期待です。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/25-46ba80da

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。