新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

文学少女と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化 “文学少女”と死にたがりの道化
野村 美月 (2006/04/28)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る

「どうかあたしの恋を叶えてください!」
何故か文芸部に持ち込まれた依頼。それは、単なる恋の代筆のはずだったが・・・。
物語を食べちゃうくらい深く愛している“文学少女”天野遠子と、不穏と不凡を愛する、今はただの男子高校生、井上心葉。
ふたりの前に紡ぎ出されたのは、人間の心がわからない、孤独な“お化け”の嘆きと絶望の物語だった――!

分類としてはミステリーなのですが、それほど本格的なミステリーというわけでもなく、ベタなストーリーです。それはミステリー小説としてどうなんだと、少し問い詰めたい気もします。

本作品中では、太宰治の『人間失格』に沿ったストーリー展開が中心で、『人間失格』を読んだことのない私にとって結構ハードルの高い作品でした。

『走れメロス』は国語の教科書に乗っていた記憶はありますが、全文が載る事なんてまず無いでしょうから、結局ちゃんと読んだわけじゃないんです。

遠子先輩は言いました。
ラストのセリヌンティウスの『メロス、君はまっぱだかじゃないか』この台詞は、わたしの記憶では、小学校の道徳の教科書には載ってなかったはずよ。一度原文で読んでみて!この台詞だけでも、読む価値ありよ!

走れメロス。読んでみたいと思います(笑)

ということで、一度太宰さんの作品を読んでからもう一度読み直してみたい作品かなこれは。
ちなみに、作品自体はそれほど好きになれませんでしたが、“文学少女”こと遠子先輩は、好きです(笑)

ただ、読書好きである前に本が好きな私にとって本を破いて食べる遠子先輩の行為はあまりいい気はしませんね。
ビジネス本とかで推奨してるような、本に線を引いたり、遠慮無く破いて、メモとしておく行為は、物を大切にする心云々の前に、作者への敬意が足りてないとの理由で、母から止められていたので、あまりいい気がしません。(ちなみに母は名の知れないものかきです)
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/17-0e4aa9bb

コメント

はじめまして
はじめたばかりのブログに、コメントを頂き、ありがとうございました。
次は、文学少女と死にたがりの道化を読もうとしてたんですが、人間失格とメロスを読んでからの方が、楽しめるんですかね?
また、ちょくちょくこちらの方に訪問させて頂きます。
こんにちわ
返事遅れましてすみません(汗
死にたがりの道化に関して言えば、走れメロスは良いとして人間失格のあらすじぐらいはさらっておいてから読んだ方がいいかもしれません。
著作権が切れてるようで、青空文庫のページに行けば無料で読めますよ♪

http://www.aozora.gr.jp/

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。