新刊情報


→新刊ラインナップ←

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王 ミミズクと夜の王
紅玉 いづき (2007/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

魔物蔓延る夜の森に、一人の少女が訪れる。
額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖。自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王に身を差し出す。
願いはたった、一つだけ。
「あたしのこと、たべてくれませんかぁ」
死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。
全ての始まりは、美しい月夜だった。
―――それは、絶望の果てから始まる小さな少女の崩壊と再生の物語。


『第13回電撃小説大賞』という帯の文字と、その絵本のような綺麗な表紙に惹かれて手に取りました。
この作品は、全体を通してどこか絵本を読んでる感覚にとらわれます。ただ、ライトノベルにはめずらしく絵が無く、「これってライトノベルなのか?」とも思えるような作品です。
ライトノベルしか受け付けないという人はもしかしたら嫌いかもしれません。

私はといえば、好きか嫌いかで言えば好きに近いです。このような作品もあるべきだとは思いますが、「コレにハマった」「引き込まれた」とはちょっと言えない作品です。

子供の頃に読んだ絵本。特に、外国の王様やお姫様が出てくるような本って、あまりに自分の中にある現実とかけ離れていて、何処か客観視してしまうことってありませんか?
それに近い感覚が、『ミミズクと夜の王』にはあるように感じました。

私が物語に引き込まれる時、必ず何処かに共感できる・思考の波長が合うそんなキャラクタが居ると思います。
最近読んでこのブログにも記事を載せている「狼と香辛料」で言えばロレンスに共感してます。
もちろんそればっかりでは、物語の中に身を投じるおもしろさがない。だからたまに自分では考えつかないような奇抜な行動や発想・失敗など自分との違いから面白さを得る。
私にとってそのバランスが一番重要なのかもしれません。

ミミズクは確かにすっごくかわいそうなんです。
でも、私の想像の遙か先を突っ走ってるほど酷い環境というものにあまり馴染めず、「かわいそうな子だな」で終わってる気がします。
クロやフクロウは共感するにはあまりに情報不足ですし、やはりこの本を読むにはどうしても客観的になりがちです。

この本はなんと言いますか、作品自体はとても良い物です。
とても読みやすいですし、綺麗にまとまってます。ですが私の好みから言えば微妙なんです。
絵本調の物語が好きな人は間違いなく面白いと思いますよ。
スポンサーサイト
テクノラティお気に入りに追加する
 ランキング投票お願いします!

この記事のトラックバックURL

http://ilu.blog103.fc2.com/tb.php/12-cc4b73c3

愛と勇気のおとぎ話『ミミズクと夜の王』
ミミズクと夜の王紅玉 いづき『ミミズク』は動物ではなく少女でした。彼女は魔物の蔓延る森を歩いていました。両手両足に科せられた重い鎖を引きずって。なぜなら探している人がいたからです。それはこの森の支配者、魔物を統べる絶対的な存在。その名を『夜の王』と言いま

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。